隠せば目立つ! 汚部屋の法則

「古民家を民宿にしたい」という

クライアント様の夢を叶えるために

お片付けに行ってきました!

全3回 築60年の古民家お片付け

最終回でした。

まずは、片付いていなければ

民宿にお客様をお通しできません。

民宿経営のスタートラインに立つための

お片付けです。

< 過去のお片付けの記録 >

1回目
https://atopy-katazuke.com/voice/kominka/

2回目
https://atopy-katazuke.com/voice/ouen/

最後のお片付けを紹介をする前に…

本当はスッキリ暮らしたいのに

どうしていいかわからない

後ろめたい気持ちがあるから

隠したくなるのが人情というもの。

もしも、

「隠す」と、どうなるのか?

お話させてください。

たとえば

晴れているのに、閉められたカーテン。

本棚の前にかけられた布

<<Before 本棚>>

決して開けてはいけません! 隣室への襖

<<Before 隣室>>

不自然な設えが、人目を引きます。

もしも、アナタが誰かの家に行って

布やカーテンの隙間から

チラッと見てしまったら…

イケナイモノを見てしまったような罪悪感、

氷山の一角を見たような想像力が働いて

「あ…、そうだったんだ」と

密かに汚部屋の住人と認定してしまいませんか?

隠そうとすれば するほど

言い訳をさせてもらえず

汚部屋 認定されるのです!

それを知っているから

「あの部屋には入らないで!」と開かずの間を作ったり、

「片付いてなくて…」と申しわけなく思ったり、

どんどん苦しくなります。

そうそう! 

先ほどの本棚と隣室は

3回のお片付けで見違えましたよ。

<<After 本棚>>

もう、布をかけなくても大丈夫ですね!

<<After 隣室>>

襖を開け放っても大丈夫!

これからは無線の時代です。

コードは、早急にwifiに変えてもらうことに。

なぜ?

私がわかったようなことを言うの?

それは

私が片付けられない女だったから。

ここまでのことは

私が経験してきたことだから。

恥を忍んで

16年前の我が家を公開します!

<<Before リビング>>

娘たちのアトピーも痛々しかったなぁ。

<<After リビング>> 

同じ場所です。

片付いたら

娘たちのアトピーも自然に治りました。

話がそれましたが、

隠すことでは解決しない と

わかっていただけたところで、

いよいよ最終お片付け!

隣接する 納屋書庫

斬り込みました!

<<納屋① Before>>

<<納屋① After>>

<<納屋② Before>>

<<納屋② After>>

<<書庫 Before>>

<<書庫 After>>

納屋も書庫も

お客様に見せる場所ではありません。

それでも片付ける理由は…

もう、おわかりですね。

見えない場所が

空気感を作ります。

清々しい空気感で、お客様を迎えましょう!

築60年 古民家再生プロジェクト

お片付けのプロとして参加したのは、

写真、左下から

おぐらよしこさん、 私 福井ひろ子 、 はるかさん の3人です。

クライアント様である永菅裕一さん(右)、

運営スタッフの片山浩美さん(右から3番目)、白井弘枝さん(右から2番目)のお陰で

成し遂げることができたお片付けでした。

感謝です。

白井さんの重ね煮カレーは絶品!

丁寧で優しい人柄が現れていました。

エネルギー溢れる本物のお料理です!

民宿経営は

ここからがスタートです。

お片付けはキッカケにすぎません。

これからは、クライアント様が

良い循環を起こしていくでしょう。

これからも応援しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です