自然派お洗濯から寄付しました

自然派 お洗濯 の売り上げの一部を

2ヶ所に寄付することにしました。

自然派お洗濯でも使う洗剤の原料であるパーム油問題と、

学校給食を有機食材に変える活動へ。

洗濯洗剤の原料として使われるパーム油は、さまざまな問題を抱えています。

環境を壊すから、、といってやめる訳にはいかず、私たちは日々、洗濯をします。

私たちは暮らすだけで環境に影響を与えてしまうのです。

自然派お洗濯は子どものアトピーのために始めた洗濯ですが、後から環境にも優しいと知りました。

しかし、どんなに環境に優しくても影響は0にできない。

せめてパーム油の問題に取り組む団体RSPOに寄付をすることで環境保全に役立ててもらいたい。

という訳で

本日、WWF(世界自然保護基金)に寄付しました。

寄付先① WWF(世界自然保護基金)

自然派お洗濯では、洗剤の一部に石けんを使うことをオススメしています。

合成洗剤より環境に優しいとされる石けんですが、

原材料のパーム油脂が環境問題を引き起こしています。

RSPO「持続可能なパーム油のための円卓会議」※ に

自然派お洗濯売り上げの一部を寄付しました。

※RSPOは、パーム油をめぐる問題と、持続可能なパーム油の生産・利用を目指す国際的な認証制度です。

◆現在、直接 RSPOに寄付できず、WWFの森林保全を通じて寄付しました。

RSPOを詳しく紹介しているWWFに問い合わせ、「森林保全」を含むカテゴリーを指定して寄付しました。

今後もクライアントの皆さんと一緒に地球に優しい暮らし方を学んでいきたいです。

寄付先② 学校給食を有機へ

現在、調整中です。
また、寄付が完了したらご報告させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です