洗濯槽の掃除

酸素系漂白剤で、つけ置きしています。

酸素系漂白剤

パワーを最大限に出す、3つのポイント

①温度 40〜60℃のお湯を使う

温度が高いと反応が早くなりすぎて、カビなどの汚れに作用する時間が短くなります。

②酸素系漂白剤だけを入れる

石鹸などを入れると、石鹸の粒子に漂白剤が反応してしまい、

汚れに作用すべき反応が減ってしまいます。

③数時間、つけ置く

漂白成分が十分働くまで、2−5、6時間つけ置きします。


お目汚し失礼いたします。

クライアント様がシェアしてくれた

洗濯槽 つけ置き中の写真です。

酸素系漂白剤の使用量はパッケージに記載されています。

ドラム式は、洗濯槽がの一部しかお湯に浸からないので

何度か洗浄を繰り返してください。

洗濯槽の掃除のサイン

洗濯槽が臭う

洗濯した衣類に黒っぽいカスが付いている

我が家も目標にしていますが、

本来なら、サインが出る前に洗浄したいですね。

カビが元気になる梅雨時は、

特に気をつけてあげましょう✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

片付け・家事が苦手

次の記事

風呂釜の掃除